ブログ

民泊7つのコスト

民泊にかかる費用7選-2|申請に係る費用(行政書士費用、建築士費用、行政手数料)

旅館業の申請は、保健所が窓口です。保健所は自治体の期間で、都道府県が緒かつで運営する場合と、政令市や特別区、中核市が運営する場合とがあります。申請の代理人には、通常行政書士がなりますが、今回は、行政書士報酬についてご紹介します。また、設計、施工管理に係る建築士費用、申請時に係る行政手数料についても併せて解説します。
民泊7つのコスト

民泊にかかる費用7選-1|物件の取得費、賃料

民泊をスタートさせる場合に、まず最初に検討すべきは、不動産の価格です。不動産の何かしらの権利がなければ、旅館業や住宅宿泊事業などの民泊を始めることはできません。今回は物件の取得費用について解説していきます。
民泊7つのコスト

民泊にかかる費用はいくら?|旅館業/民泊申請のプロが教える民泊にかかる費用7選

民泊にかかる費用についてお問合せが多いですが、コストをどのくらいかかれば開業できるのでしょうか?民泊に参入しようとすると、まず、最初に気になるのは、初期費用やランニングコストがいくらかかるかということはないでしょうか。今回から8回シリーズで、民泊開業運営にかかる費用について、解説していきます。
観光・貿易・経済

観光庁2019年4月~9月訪日外国人消費動向調査の結果公表(速報)

訪日外国人消費向調査 2019年10月16日付で、観光庁より2019年の「2019.7-9月の訪日外国人消費向調査」の調査結果が公表されています。軒並み過去最高の数値を記録しています。 本調査によると、外国人の旅行消費額は、前年同期間と比...
ブログ

改正旅館業法の罰則について

改正旅館業法については、第10条以降に罰則が規定されていますが、従前に比べ強化されていますので、今回は、旅館業法における罰則について解説いたします。
ブログ

住宅宿泊事業(民泊新法)いよいよスタート!!同時に旅館業法も改正

住宅宿泊事業が2018年6月15日から、いよいよスタートしました。 また、同時に旅館業法も改正され、旅館、ホテルの両営業形態が統一され、旅館・ホテル営業となり、大幅な規制緩和が行われました。
ブログ

国家戦略特区諮問会議 特区民泊2泊3日 正式決定!!

特区民泊最低宿泊日数短縮の真意は... 平成28年9月9日の国家戦略特区諮問会議で、正式に特区民泊の最低宿泊日数を短縮する方針が決定されました。 これにより、特区民泊が合法民泊の本命となります。
ブログ

京都市長 新法民泊解禁に待った!! 京都民泊の今後

京都市は民泊解禁に消極的?それとも... 門川大作京都市⻑が、2016年8⽉31⽇の記者会⾒で、集合住宅の⼀室での民泊化は「認めない」と明言 つまり、住居専用地域内のマンション等で民泊(新法における民泊...
ブログ

無許可民泊の摘発リスク

民泊の摘発リスクについて、以前に比べ高まってきているように思えます。今回は民泊に関する摘発事例についてご紹介します。 旅館業法の法規制 無許可民泊は、旅館業法の定義である『宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業』に抵触します。 【ポイント】 ...
ブログ

建築確認と用途変更

今回は少し専門的なはなしですが、建築確認と用途変更について解説します。 直接的には民泊許可には関係ないのですが、民泊施設は建築物ですから、必然的に建築基準法が関係してきます。 よく、民泊をする場合に用途変更が必要ですか?などどいう質問をいた...