新型コロナウイルス肺炎についての注意喚起|観光庁|住宅宿泊事業|旅館業法事業者へ

政府は2020年1月28日、 中国の武漢市で発生したとみられ、感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法 (感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 (平成十年法律第百十四号) )に基づく「指定感染症」とする方針を決めました。

(※追記:28日閣議決定しました。感染症法に基づく「指定感染症」及び、検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定)

指定により (SARS)などと同様、感染者を強制入院させたり、就業制限させることが可能になりました。

当サイトは、感染拡大抑制の一助となればと考え、新型肺炎関係のリンクなどを掲載しております。

住宅宿泊事業、旅館業事業者に対する指導|事務連絡

2020年1月23日に観光庁、厚生労働省から以下のような注意喚起が発せられています。内容については、ほぼ同様ですが、観光庁のものは住宅宿泊事業関係者に対して発せられたもので、厚生労働省から発せられた文書については、旅館業法の管轄自治体の長向けに発せられたもので、管轄の事業者等に周知するように指示したものとなっています。

これを受け、各自治体のホームページ等で周知が行われています。

観光庁の文書

出展 http://www.mlit.go.jp/kankocho/minpaku/content/001324945.pdf

厚生労働省の文書

出展 https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2020012400016/files/kyoryokuirai.pdf

住宅宿泊事業者、旅館業者については、施設内の衛生管理の責任がありますので、これら、政府、自治体の方針に従い、自治体と連携し、拡散防止等をお願いしたいところてはあります。

※今回のコロナウィルスは、現在のところ、抗ウィルス剤は開発されていませんが、取り急ぎ、飛沫感染とされているため、マスクをし、手洗いやうがいを励行するのが、現段階では、唯一の対策とも言えます。

※以下、首相官邸のサイトに掲載されている手洗いの方法、マスクについての記載を掲載しますので、参考にしてください。

アルコールでの消毒も有効です。

出展 首相官邸サイトより http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
出展 首相官邸サイトより http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

厚生労働省のページはこちら。事業者の方はご一読ください。

新型コロナウイルス感染症について

首相官邸のページはこちらです。手の洗い方など記載されていますので、こちらもご一読ください。

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~ | 首相官邸ホームページ
新型コロナウイルスに関連した感染症対策。過剰に心配することなく、マスクの着用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

まとめ

予防法は、ウィルスに接触しないこと。

マスク、アルコール消毒、手洗いくらいしか対策法はありません。少なくともこれらは励行しましょう。ドアノブの消毒や従業員の手洗いなど徹底して下さい。

お客様、従業員等に何か異変などがあった場合は、速やかに管轄保健所に連絡し、指示に従い、対象をお願いいたします。

コメント