ブログ

民泊にかかる費用7選|番外編2 民泊の保険はあるの?

損害保険というものはかならず加入しなければならないというわけではありませんが、銀行融資を受ける際に、火災保険の加入を融資条件としている金融機関が多いのも事実です。また、不動産賃貸の場合も同様で、住宅の場合は、水漏れなどのリスクに対応するため保険が使われています。
ブログ

民泊にかかる費用7選-6|人件費

民泊や旅館業に係る経費のうち、人を雇用するなどししてスタッフを配置すると、当然ながら人件費がかかってきます。直接雇用の人件費の替わりに民泊代行業者に委託すると、一般的には委託料に人件費などの経費は込みということになりますが、自身でスタッフ・支配人・コンシェルジュ等を雇用(業務委託、外注なども含む)手配する場合は人件費が必要になります。
ブログ

民泊にかかる費用7選-5|クリーニング費用(清掃・リネン交換等)

民泊を日々清潔に保のつのは、営業上の観点のみならず、国や自治体の定める許可要件や法令上も施設内を清潔に保たなければなりません。清掃費用はそのための必須の費用です。清掃費用については、Airbnbなどの民泊サイト、楽天やBooking.comなどの旅行サイトにより、直接利用者に転嫁、実質的に宿泊料に込み(直接的には事業者がランニングコストとして負担)など考え方は様々ですが、何れにしても、運営上不可欠な費用です。
ブログ

民泊にかかる費用7選-4|代行費用(民泊運営代行業者の費用)

宿泊施設について、大型のホテルや旅館は、自社スタッフを雇用し、フロントや仲居、接客業務を行っていますが、部屋数が少なく、もともとは住宅やアパートを転用した、いわゆる「民泊」については、運営のほとんどを外注して行われることが多いのが現状です。今回は、民泊の運営)外注する場合の費用について解説します。
ブログ

民泊にかかる費用7選|番外編 収益についての考え方【物件利回り】民泊利回りの定義

不動産における利回りについては、表面利回りと実質利回り、つまりグロス(表面)利回り、ネット(実質)利回りの計算方法がありますが、民泊についての、実質利回りの計算方法を解説していきます。
ブログ

民泊にかかる費用7選-3|内装や設備にかかる費用(消防設備、防火設備ほか)

内装やリフォームについては、新しい物件の場合、かからないと考えている方も多いのですが、消防設備については、ほとんどの場合、設置が義務付けられています。民泊は、消防法上は、不特定多数の者が出入りするものとして政令で定められる、特に火災が発生しやすい施設である「特定防火対象物」と規定され(建築基準法でもホテルや旅館は、同様に「特殊建築物」と取り扱われます。)されていますので、防災上の警戒レベルが特に高くなり、当然火災報知機や避難器具などの設置基準が厳しくなります。
ブログ

民泊にかかる費用7選-2|申請に係る費用(行政書士費用、建築士費用、行政手数料)

旅館業の申請は、保健所が窓口です。保健所は自治体の期間で、都道府県が緒かつで運営する場合と、政令市や特別区、中核市が運営する場合とがあります。申請の代理人には、通常行政書士がなりますが、今回は、行政書士報酬についてご紹介します。また、設計、施工管理に係る建築士費用、申請時に係る行政手数料についても併せて解説します。
ブログ

民泊にかかる費用7選-1|物件の取得費、賃料

民泊をスタートさせる場合に、まず最初に検討すべきは、不動産の価格です。不動産の何かしらの権利がなければ、旅館業や住宅宿泊事業などの民泊を始めることはできません。今回は物件の取得費用について解説していきます。
ブログ

民泊にかかる費用はいくら?|旅館業/民泊申請のプロが教える民泊にかかる費用7選

民泊にかかる費用についてお問合せが多いですが、コストをどのくらいかかれば開業できるのでしょうか?民泊に参入しようとすると、まず、最初に気になるのは、初期費用やランニングコストがいくらかかるかということはないでしょうか。今回から8回シリーズで、民泊開業運営にかかる費用について、解説していきます。
ブログ

観光庁2019年4月~9月訪日外国人消費動向調査の結果公表(速報)

訪日外国人消費向調査 2019年10月16日付で、観光庁より2019年の「2019.7-9月の訪日外国人消費向調査」の調査結果が公表されています。軒並み過去最高の数値を記録しています。 本調査によると、外国人の旅行消費額は、前年同期間と比...