2019-12

民泊概論

【民泊概論】民泊参入者のための基礎知識2|建物別の転用コスト(後編(建築基準法その他))

今回は、旅館業法、消防法以外にも、防火関係の規制について、建築基準法の規定について重要ポイントを解説します。建築基準法は、2019年6月に改正され、特に木造建築物については、大幅に緩和されましたが、依然として宿泊施設については、防火レベルが高くなっていますので、ご注意ください。
ブログ

OYO HotelとOYO LIFEについて

ソフトバンクグループ(ソフトバンクビジョンファンド)で世界第2位の室数を誇るホテル、マンスリーを展開するインドのベンチャー企業の OYO Hotels & Homes(オヨ ホテルズアンドホームズ)の日本法人、OYO Hotels Japan合同会社が2019年10が23日に正式に日本での事業を開始したのは記憶に新しいのですが、早くも暗雲が立ち込めています。
観光・貿易・経済

日本の観光需要と民泊・旅館業 最新データ|【民泊概論】民泊参入者のための基礎知識資料編1

日本の貿易収支に占める、インバウンド需要は、年々増加しています。外貨を稼ぐうえで、今や日本の期間産業の1つともなった観光事業ですが、安倍政権発足以来、国策として観光事業、特にインバウンドを狙った外国人旅行者をターゲットにした観光事業に力を入れています。今回は、民泊概論を説明する前提として日本の宿泊、観光マーケットについて概要を解説いたします。ポイントを絞って説明しますので、今後の戦略を立てるうえで、マーケットの概要の把握するための資料とし活用してください。
民泊概論

【民泊概論】民泊参入者のための基礎知識2|建物別の転用コスト(前編(旅館業法・消防))

別シリーズで民泊・旅館業にかかるイニシャルコストやランニングコストについて「民泊コスト7選」ということでシリーズでご紹介しましたが、宿泊ビジネスをスタートする上で、最大の経費は、消防設備・防火区画等の防災工事費用と、旅館業法に基づく設備の設置費用です。
民泊概論

【民泊概論】民泊参入者のための基礎知識1|宿泊関係3法

当サイトは、姉妹サイトとともに、主に事業(ビジネス)という観点から4年間民泊についての解説を中心に記事掲載してきましたが、今回から5回シリーズで、民泊の基礎概念や、規制改革の変遷をダイジェストでご紹介します。※初心者向けですが、中級者以上の方も振り返りとしてご活用いただければと思います。詳細については過去記事のリンクを掲載してきますのでご覧ください。今回は宿泊に関係する3つの法律についての解説です。
観光・貿易・経済

世界の観光客数と日本の経常収支 2018年

菅義偉官房長官は2019年12月7日「各地に世界レベルのホテルを50カ所程度、新設することをめざす」と述べ、訪日外国人客受け入れをさらに推進するため、高級ホテル建設を後押しする考えを(政府府として)示しました。 政府主導で行うという...
観光・貿易・経済

横浜市の旅館業・住宅宿泊事業の要件

横浜市は、神奈川県最大の人口を有する自治体で、3700万人の人口抱える巨大な政令指定都市です。観光資源は豊富で、横浜港の歴史的建造物等は得な有名です。 横浜市の基本データと観光客等の統計 面積 437.56km2総人口...
観光・貿易・経済

箱根での民泊・旅館業|観光地の宿泊需要は伸び続けるのか?

箱根は古くからの観光地で、現在も観光の人気スポットとなっており、インバウンドについても東京から近いため、多数の外国人観光客が訪れる関東屈指の観光スポットとなっています。
観光・貿易・経済

アベノミクスを振り返って|民泊に与えた影響

第2次安倍内閣発足が2012年(平成24年)12月26日からスタートし、現在7年が経過しようとしています。安倍政権は、初期こそ大胆な改革、得な金融緩和を行いましたが、最近は、消費税増税など、景気に対しては冷や水を浴びせるような政策が目立ちますが、アベノミクスに起因する規制改革が今回は旅館業や民泊などの宿泊事業に与えた影響を検証してみようと思います。