2019-11

ブログ

民泊にかかる費用7選|番外編2 民泊の保険はあるの?

損害保険というものはかならず加入しなければならないというわけではありませんが、銀行融資を受ける際に、火災保険の加入を融資条件としている金融機関が多いのも事実です。また、不動産賃貸の場合も同様で、住宅の場合は、水漏れなどのリスクに対応するため保険が使われています。
ブログ

民泊にかかる費用7選-6|人件費

民泊や旅館業に係る経費のうち、人を雇用するなどししてスタッフを配置すると、当然ながら人件費がかかってきます。直接雇用の人件費の替わりに民泊代行業者に委託すると、一般的には委託料に人件費などの経費は込みということになりますが、自身でスタッフ・支配人・コンシェルジュ等を雇用(業務委託、外注なども含む)手配する場合は人件費が必要になります。
ブログ

民泊にかかる費用7選-5|クリーニング費用(清掃・リネン交換等)

民泊を日々清潔に保のつのは、営業上の観点のみならず、国や自治体の定める許可要件や法令上も施設内を清潔に保たなければなりません。清掃費用はそのための必須の費用です。清掃費用については、Airbnbなどの民泊サイト、楽天やBooking.comなどの旅行サイトにより、直接利用者に転嫁、実質的に宿泊料に込み(直接的には事業者がランニングコストとして負担)など考え方は様々ですが、何れにしても、運営上不可欠な費用です。
ブログ

民泊にかかる費用7選-4|代行費用(民泊運営代行業者の費用)

宿泊施設について、大型のホテルや旅館は、自社スタッフを雇用し、フロントや仲居、接客業務を行っていますが、部屋数が少なく、もともとは住宅やアパートを転用した、いわゆる「民泊」については、運営のほとんどを外注して行われることが多いのが現状です。今回は、民泊の運営)外注する場合の費用について解説します。
ブログ

民泊にかかる費用7選|番外編 収益についての考え方【物件利回り】民泊利回りの定義

不動産における利回りについては、表面利回りと実質利回り、つまりグロス(表面)利回り、ネット(実質)利回りの計算方法がありますが、民泊についての、実質利回りの計算方法を解説していきます。