ブログ

ブログ

【民泊概論】民泊参入者のための基礎知識1|宿泊関係3法

当サイトは、姉妹サイトとともに、主に事業(ビジネス)という観点から4年間民泊についての解説を中心に記事掲載してきましたが、今回から5回シリーズで、民泊の基礎概念や、規制改革の変遷をダイジェストでご紹介します。※初心者向けですが、中級者以上の方も振り返りとしてご活用いただければと思います。詳細については過去記事のリンクを掲載してきますのでご覧ください。今回は宿泊に関係する3つの法律についての解説です。
観光・貿易・経済

世界の観光客数と日本の経常収支 2018年

菅義偉官房長官は2019年12月7日「各地に世界レベルのホテルを50カ所程度、新設することをめざす」と述べ、訪日外国人客受け入れをさらに推進するため、高級ホテル建設を後押しする考えを(政府府として)示しました。 政府主導で行うという...
ブログ

横浜市の旅館業・住宅宿泊事業の要件

横浜市は、神奈川県最大の人口を有する自治体で、3700万人の人口抱える巨大な政令指定都市です。観光資源は豊富で、横浜港の歴史的建造物等は得な有名です。 横浜市の基本データと観光客等の統計 面積 437.56km2総人口...
ブログ

箱根での民泊・旅館業|観光地の宿泊需要は伸び続けるのか?

箱根は古くからの観光地で、現在も観光の人気スポットとなっており、インバウンドについても東京から近いため、多数の外国人観光客が訪れる関東屈指の観光スポットとなっています。
ブログ

アベノミクスを振り返って|民泊に与えた影響

第2次安倍内閣発足が2012年(平成24年)12月26日からスタートし、現在7年が経過しようとしています。安倍政権は、初期こそ大胆な改革、得な金融緩和を行いましたが、最近は、消費税増税など、景気に対しては冷や水を浴びせるような政策が目立ちますが、アベノミクスに起因する規制改革が今回は旅館業や民泊などの宿泊事業に与えた影響を検証してみようと思います。
ブログ

河口湖の旅館業・住宅宿泊事業の許認可と需要|富士五湖の観光需要

河口湖や山中湖エリア(つまり富士吉田などの富士山のエリア)は近年観光需要(特にインバウンド需要)で人気のエリアです。中でも河口湖は駅から近いため、交通の便がよく、観光客でにぎわっています。
ブログ

2019年3月末時点における民泊物件の適法性の確認結果について|観光庁発表|前回との比較

観光庁は、住宅宿泊事業における適法性の確認として、違法性のある物件/全体の件数という調査計データが公表されています。これによると、届出件数は飛躍的に増加しています。 住宅宿泊仲介業者及び旅行業者※の平成31年3月31日時点における...
ブログ

民泊にかかる費用7選-7|税金等

民泊のコストで、開業当初は特にかからないのですが、考慮べき重要な因子で、特に、事業者以外(物件オーナーなど)にも関係があります。さて、民泊(特に旅館業としての宿泊サービス)は事業の収入ですので当然に所得税がかかります。そして、建物自体にも固定資産税が課されますので、こちらのコストも無視できません。開業当初は意識していなくても1年経過すると嫌でも認識させられます。
ブログ

民泊にかかる費用7選|番外編2 民泊の保険はあるの?

損害保険というものはかならず加入しなければならないというわけではありませんが、銀行融資を受ける際に、火災保険の加入を融資条件としている金融機関が多いのも事実です。また、不動産賃貸の場合も同様で、住宅の場合は、水漏れなどのリスクに対応するため保険が使われています。
ブログ

民泊にかかる費用7選-6|人件費

民泊や旅館業に係る経費のうち、人を雇用するなどししてスタッフを配置すると、当然ながら人件費がかかってきます。直接雇用の人件費の替わりに民泊代行業者に委託すると、一般的には委託料に人件費などの経費は込みということになりますが、自身でスタッフ・支配人・コンシェルジュ等を雇用(業務委託、外注なども含む)手配する場合は人件費が必要になります。