ブログ 民泊

福岡市 民泊に関する規制緩和(旅館業法関連条例緩和)

投稿日:

平成28年12月1日に福岡市の旅館業法関連の条例が施行されましたが、以下がポイントです。

福岡市旅館業法条例改正のポイント

①宿泊施設と住居との混在を(例外的に)認める

②定員10人未満の簡易宿所のフロント設置を緩和➡一定の場合なくてもよい。

以下市の公表している改正の概要ですが、大きなポイントは、やはり、住宅との混在を認める規定でしょう。そして、10分圏内に対応できる管理事務所を設置すれば、フロントの設置義務を外すこととされた。これにより、マンションや小規模な一軒家での簡易宿所の許可の門戸が開かれたともいえます。

pak_fukuoka0i9a4536_tp_v

福岡市民泊のガイドライン

条例施行に先立ち、福岡市は11月28日、「民泊の規制緩和に伴うガイドライン」を発表しています。このガイドラインは、条例改正後の運用については細かく規定していますが、細則には、

●フロントの代替機能として24時間対応できる「管理事務所」を設置

設置は、10分圏内(徒歩約800メートル、車なら約2・5キロ以内)とした。また、各部屋入口にカメラと事務所への通話機器を設置

●本人確認、鍵の受け渡しは、管理事務所又は駅や空港などに窓口を設けて行うこと

●集合住宅の管理規約などに違反しない

等のルールが盛り込まれています。

福岡市内では観光客の増加を受け宿不足から、無許可民泊が常態化していますが、市は業者に対し、新ルールにより許可を取りやすくし、ルールを順守した上で許可申請を促していく方向性を決定したと解されます。

福岡市の選択は、京都市同様、極めて現実的であり、今後、取り締まり等の動向も気になりますが、一定の行政のコントロールのもと、規制を緩和していくモデルケースとなっていくのではないでしょうか。まさに合法民泊の最前線ですね。

※改正概要(福岡市公表)

kaiseigaiyou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/seikatsueisei/life/kurashinoeisei/hukuokasiryokanngyouhousekoujyoureiwokaiseisimasita.html

 

-ブログ, 民泊
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

民泊新法 2016秋臨時国会法案提出見送りの真相 ~徹底解説~

9月23日に決定された、民泊新法の国会提出見送りについて、政府の考え方、自治体の動向を読み解き、詳しく解説しますす。 新法見送りの反響は大きく、たくさんの解説・評論があふれていますが、的外れなものも多 …

no image

人文知識・国際業務ビザのポイント解説

人文知識・国際業務のビザとは、 本邦の公私の機関との契約に基づいて行う法律学,経済学,社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務に従事する活動(在留資格「教授」,「芸術」,「報道」,「投 …

農業分野で外国人受入を検討(特区会議)

10月4日、国家戦略特区諮問会議(特区会議議長・安倍総理)を開き、農業における外国人労働者の受け入れなど、新たな規制緩和策が議論されました。 農業への外国人労働者の受け入れでは、対象を一定の農業従事経 …

保護中: セミナー「民泊塾」資料ダウンロードページ(2016.9.23)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。