民泊今後の法規制

民泊については、東京都大田区で全国発の条例が施行されましたが、これでいよいよ民泊が解禁ということになります(ただし大田区のみですが)。

特区法の対象地域は、東京都、、神奈川県、千葉県(成田市)、大阪府、兵庫県、京都府の1都2府2県1+1市ですが、特区法に基づき条例が制定されているのは、東京都大田区以外では大阪府と大阪市だけです。今後は、大阪市が4月施行を予定していますが、東京の他の区についても順次条例を制定していくように思えますので、逐一チェックしていきたいと思いますが、おそらくは、大田区を真似て類似のものになるのでは?と思います。

さて、今後条例が制定されると、どうなるのか?少し考えてみたいと思います。

大田区では、現在のところ、特に行政側が民泊解禁ムードですが、ほかの自治体ではどうなのでしょうか?

確かに自治体は、景気回復の起爆剤として、民泊を導入したいというのが本音だと思います。既に民泊を実施している事業者はたくさんいて(現在のところは適法ではありませんが)、これらの事業者の多くは、条例が施行されれば大手を振って営業できるし、ある意味、許可業者であることがブランドにもなるので、許可申請は増えると思います。また、相当数の新規参入(不動産や観光事業関係の組織的な事業参入が増えると思います。)も期待できるでしょう。

ただし、そうなると、自治体レベルではなく、日本の国としても法整備、言い換えるならば、法規制を厳格に行う可能性が出てくるのではないでしょうか?

「特区民泊」が一つの業種ということが認知されれば、当然許可がなければ「無許可営業」ということとなりますので、特区に含まれない自治体では、解禁ではなく、おそらくは営業しづらくなるのかもしれません。

大田区のニュースで、特区民泊がいいのか、簡易宿所がいいのか悩んでるというインタビューがありましたが、これまで政府はかなりの部分で目をつぶってきたと思いますが、簡易宿所の許可が必要という話が、今後現実味を帯びてくるのかも知りませんね。旅館業法自体の規制緩和もポイントかもしれませんが…。

私もアンテナを高くして情報収集していきたいと思います。

※追記
1/27の大田区説明会のニュースがyoutubuにUPされていました(私のインタビューも使われていますね。ご覧になりたい方はサイドバー(スマホ・モバイルの方は下方)の映像をご覧ください)。
報道の通り、日本の外国人観光客増加は必然ですので、地域との共生がカギとなると思います。

IMG_6553

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 佐藤慶一 より:

    突然すみません。
    『特区民泊』の場合は最低宿泊日数の定めがあります。
    この最低宿泊日数の定めがある限りairbnbで適法に運営することは出来ないかと思います。
    『簡易宿所』の場合は最低宿泊日数の制限はなくなるのでしょうか?
    ここのところを教えていただきたいのです。
    ご教授お願い致します。

    • fujino より:

      同じ場所に6泊7日以上ということが特区民泊の要件ですね(条例以前に特区法自体に定義されています。これは旅館・ホテル業界への配慮でしょうね。)。申請時の要件ですから(約款を添付することになっています)、そもそも、宿泊(賃貸)約款や契約書がこれに反している場合は許可されないと思います。逆に、簡易宿所というのは本来小規模なホテルや民宿の規定ですから現行法では日数制限はありませんが、現状は、それ以外の許可要件が厳しいのがネックです。なので、政府側は、旅館業法の方を規制緩和しようという動きがあるのです。

      • 佐藤慶一 より:

        度々すみません。
        では、旅館業法の規制緩和があり、民泊が簡易宿所としての運営ができるようになると、最低宿泊日数の制限もなくなるということでしょうか。
        その場合、特区で簡易宿所としての運営でも特区法の規制外ということですか?

        • fujino より:

          仮定の話ですので今後どうなるのかわかりませんが、大田区の説明会でも日のような質問が出でいましたが、区の担当者も回答に苦慮していました。

          法律上は、特区民泊と簡易宿所の営業許可は別物であり、仮に旅館業法が規制緩和された後も特区民泊の規定が現行のまま存続するのならば、大田区では、特区民泊は6泊以上、簡易宿所は日数の制限がないまま併存することとなります。

          この点については、国の「民泊サービスのあり方に関する検討会」においても結論が出ていないところですので、何とも言えませんが、専門家も事業者も動向を見守っているところだと思います。

           

  2. 佐藤慶一 より:

    詳しく教えていただきありがとうございます。
    大田区が先走ったと感じてしまうのは私だけでしょうか。
    そもそも、規制緩和としながら最低宿泊日数の制限をかけるあたり、迷走としかいえません。
    これからの動向を伺いたいとおもいます。
    ありがとうございました。

トップへ戻る
Directory Wizard powered by www.polldirectory.net