民泊 いよいよ大田区でスタート!

大田区で特区民泊解禁!

民泊について書きたいと思います。

民泊とは、一般の住宅やマンションに有料で観光客を宿泊させるサービスで、今までは、日本では旅館業法に抵触するということとなっていました。

ところが、政府は来るべき東京オリンピックに向け、また、観光立国として景気浮揚を目指すため「国家戦略法」を制定し、「特区」に指定されれば、旅館業法を規定を緩和し、宿泊業の許可を緩和することを政策的に行っていく方針で、これには各自治体の条例制定が要件となっていました。

このたび、東京都大田区が大阪市に続き(東京都特別区では初めて)民泊を認める条例を制定しました。この背景には、やはり東京オリンピックがあり、大田区では、泊まるホテルがないとも言われています。おそらく、今後は、他の区も大田区にならい、条例を制定する可能性が高いと思います。もちろん、緩和されたとはいえ、許認可は関係してきますので、申請手続きは必要で、これは行政書士の業務となります。

当事務所も、都内で、民泊についての相談を受けることが多くなってきましたので、このサイト内でも民泊について専用のページを設けてみようと思います。

ご相談はぜひとも当事務所まで。

●ご相談は下記のお問い合わせフォームに入力し送信してください (またはinfo@fujino-gyosei.comまで直接メールをお送りください。) [contact-form-7 404 "Not Found"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
Directory Wizard powered by www.polldirectory.net